U-JIN TECH CORP.
The best value lies in the passion for technology.
摩擦圧接機の製作

顧客社の製品に合わせて最適の摩擦圧接ソリューションを提供いたします。

摩擦圧接の特徴及び長所
    環境対応
  • エネルギー消費の最少化
  • 煙、ガス、ヒューム、粉塵など、有害物質発生の最少化
    品質改善
  • 圧接の再現性が高く、安定した接合強度を得ることができる。
  • 熱変形が少なく、高い寸法の精度を得ることができる。
  • 圧接部の技工発生がない。
    原価改善
  • 圧接棒、溶剤などが必要なく、特別な開先加工を必要しない。
  • 異種金属及び非鉄金属の接合ができる。
  • 材料費、加工費、鍛造費が減少される。
    生産性向上
  • 圧接時間が短く、作業効率が高い。
  • 操作が簡単で、優れた作業者が必要ない。
  • 自動化装置の付着により無人化が可能

基本摩擦圧接機
SF (Single Spindle)
DF (Double Spindle)

技術データ 8SF/DF 15SF/DF 30SF/DF 60SF/DF 100SF/DF 125SF/DF
最大鍛造推力 ton 8 15 30 60 100 125
主軸モーター KW 17.5 22 37.5 55 90 112
最大回転数 rpm 3,000 2,500 2,000 1,300 1,000 1,000
圧接能力(軟鋼丸棒) mm 4~28 8~38 20~50 25~80 45~100 50~125
最大圧接の面積(軟鋼丸棒) mm2 600 1,100 2,000 5,000 7,850 11,500

CNC摩擦圧接の特徴及び長所
    生産性向上
  • サーボモーターによる制御性や速度の向上に伴い非作業の時間が減少
  • 油圧油の温度変化による影響を受けず、稼動率が向上される。
  • 素材の長さによってストッパー自動移動により機械のセット時間が短縮
    品質改善
  • 摩擦圧接推力のサーボ化(サーボモーター+ボールネジ)で高精度の圧接
  • 油圧式で発生される周囲温度による品質問題の改善
  • 主軸モーターのサーボ化に伴い、位相を持つ製品も簡単に圧接可能
    原価改善
  • 非作業時間の減少によりサイクルタイムの短縮
  • 作業時のみサーボモーターが作動するので、エネルギー効率が高まる。
  • 油圧タンクの小型化により設置スペースが減少
    環境対応
  • 油圧式に比べてCO2の排出量が減少
  • 油圧タンクの小型化により廃油発生及び騒音が減少

基本CNC摩擦圧接機
CNC SF (Single Spindle)
CNC DF (Double Spindle)

技術データ CNC 5SF/DF CNC 8SF/DF CNC 12SF/DF CNC 22SF/DF
最大鍛造推力 ton 5 8 12 22
位相角の正確性 Angle ±0.5°
圧接能力(軟鋼丸棒) mm 6~20 8~25 10~30 15~45
最大回転数 rpm 3,000 2,500 2,000 2,000
スピンドルストローク mm 250 300 350 400
最大圧接の面積(軟鋼丸棒) mm2 350 500 800 1,500

お客様支援